駐車場経営

月極駐車場経営について



田舎での駐車場経営は、殆どが月極駐車場になり、月極料金も安くなってしまいますが、近所の人と契約を交わすので、そう大きなトラブルが無いのも特徴です。



駐車場経営する際に、月極方式で運営していくと契約や解約などをメインに行って行く事になり、契約者を集める為の募集も必要になって来ます。


簡単なものでは、月極駐車場である事や電話番号を記した看板を設置し、「空きあります」と人からはっきりと認知出来るようにしておくだけでも、需要があれば電話がかかって来ます。



駐車料金の滞納があった場合には督促をする必要があるので、人と人との事だけに話の持って行き方などに気を遣う事もあります。


無断駐車の取り締まりにも対応して行く事になります。


世の中がいい人ばかりだと秩序は何もしなくても保たれるのですが、督促しても電話にも出ない人、柔らかい言い方だと何ヶ月も賃料を支払わない等、困った事が起きる事もあります。


月極駐車場の注意点としては・・・
車庫証明の為だけに借りる人も存在する為、契約期間を設定し、保証料は必ず1ヶ月分、あるいは2ヵ月分に設定しておくと更に安心です。


契約書には、解約時の約束事は必ず明記しておき、内容もきちんと説明する事が大切です。


一般的には、1ヵ月前に解約を申し出て貰う事や、急に解約する時には、1ヵ月分の賃料を支払って貰う事などです。


まあ、この辺のところは賃貸契約の常識ですが、日割りにオマケしてあげる事も別にかまいません。


借りている人の名札を分かりやすく設置する事で、停め間違いを防ぐ事も出来ますし、無断駐車もしにくくなり、経営者の配慮も伝わると思います。



これらを含む手間を全て、不動産会社や、委託出来る会社に任せる事も出来ますので、貸し状況を見て、委託料を払うか検討すると良いでしょう。


トラブルを未然に防ぐ・・・

これが月極駐車場経営のポイントです。


 
 
 
 
 







プライバシーポリシー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。