駐車場経営

駐車場経営の必要経費

駐車場収入は不動産所得となります。


不動産所得=収入−必要経費−減価償却など

この必要経費というのは・・・・

・固定資産税
・設備設定費用の減価償却費
・駐車場経営の為にローンを組んだのであれば1年分のローンの金利
・修繕費
・管理費 これは文具費、交際費、消耗品、パソコン代などから人件費まで


などです。



駐車場経営は、場合によっては法人でする方が(事業を起こす事になるので)、個人経営よりも節税する事が出来ますから、細かい算出は税理士などに相談すると良いでしょう。


法人化すると、いろいろな費用が経費に計上しやすくなる事もメリットです。


家族を従業員にして駐車場経営する場合、給料として費用計上も出来ます。



ただし、所得がある程度増えてくればという話で、そういう場合は個人よりも所得税が少なく済む場合もあるという事です。


個人経営なら、自分で確定申告する事が出来ますが、法人経営だと税理士を雇う必要もあり、その分経費が発生してしまいます。



個人経営で数年様子を見て、どんどん所得が増えてくれば法人化するという形の方が安全かと思います。


収入を確実に上げる為には、コンサルティング会社に依頼する事が、費用はかかるけど長い目で見ると確実かも知れませんね。


 
 
 
 
 

駐車場経営

駐車場経営のノウハウ

駐車場経営とは言っても、利用者がいなければ全く収入が無いという事は、他の事業と変わりません。


以前は、特別なノウハウ無しでも行える事業だとも言われていますが、今や駐車場経営にもノウハウが必要な時代になりました。



例を挙げると、一般的には無人駐車場が殆どの月極駐車場ですが、ガレージ式にして屋根などを設置し、管理人も設置して差別化を図る方法で実際に収益を上げています。



沢山の種類の自動販売機を脇に設置したり、付加価値であるいろんなサービスを施して、どんどん工夫していく事も顧客サービスに繋がると思われます。


また、夜間と昼間で月極料金を細かく設定すれば、少しでも安くなると知った利用者を集める事が出来る事が出来ます。

駅までバスで通っている人をターゲットに、バス代よりも安く時間貸しする事によって、駅までマイカーを使いたい人は増えるなど、地域の交通事情や住宅状況、人口や地域性を詳しく分析し、ニーズに合ったサービスを提供する事によって、駐車場経営で収益を伸ばす事は可能です。


また立地条件にもよりますが、コインロッカーを設置して収益を上げるという方法もあります。

自動販売機と違って、商品の仕入れなどが必要ないので手間がかからないのに儲けは大きいといえます。

コインロッカーの設置には、コインロッカーの販売会社が相談にのってくれます。



 
 
 
 

駐車場経営

駐車場経営のリスク

駐車場経営でのメリットは、土地があれば平面駐車場の場合、初期投資をうんと少なくして開始する事が可能である事です。

月極駐車場を運営し、例えば運送会社などの企業に借りて貰えば安定した収入を得られる事、管理自体も、週一度行う程度で済む事など数々ありますが、反面デメリットやリスクもあります。



最大のデメリットは、固定資産税の優遇が無いという事です。


同じ土地にアパートやマンションを建てて経営する方が固定資産税は安くなります。

賃貸経営をしなくても自宅用として家を建てた場合でも税の軽減は同じです。


なんと、住宅用地は駐車場用地と比べると、1/6の固定資産税だそうです。



ただし、固定資産税は課税基準額というものが設置されていて、その金額に満たない場合は課税されません。


駐車場経営をしようとするその土地が市街化区域だと、都市計画税もかかって来ます。


この点は、所有している土地の役場に問い合わせて計算してみる必要があります。



また相続税評価も、自由地評価となりますから、貸宅地などによる評価減が無いのです。


平面駐車場の場合は、減価償却もありませんし、立体駐車場の場合でも、建物に比べればかなり少ないので、節税効果が無いのです。


そして、駐車場経営のリスクは何よりも借りる人がいるかどうかです。


立地が悪いという事は、駐車場経営の場合、アパート経営などよりも深刻で、何の努力のしようもなく、賃料を下げても空車庫は埋らないのだそうです。


これはコインパーキングでも月極でも同じで、下手すると持ち出しになる可能性もあるようです。


 
 
 
 
 


駐車場経営

コインパーキングの駐車場経営について

都会での駐車場経営では、時間貸しが最も向いています。


駐車場経営を考えている土地の周辺に、店舗や大きな施設がある場合は、時間貸しであるコインパーキングの方が合っています。


やはり、そこに住む人よりも、仕事や買い物で一時的に集まっている人の方が圧倒的に多いからです。



コインパーキングは都会に多く、有名な会社がいくつも存在していますので、管理自体も安心して任せられます。


大手のコインパーキング会社での運営では、利用状況などのデータを収集して、詳しく分析もらえるので、将来の為の収益向上プランを練る事が出来ます。


会社によって、設備の違いにもかなりの差があります。

最小限で抑えられる場合は安く済み、設置や撤去が最小限で抑えられれば、土地転用の際のコストも少なくなりまう。

最初の検討の際には、複数社のプランを取り寄せ、自分の土地にはどのサービスとコストが向いているのかを理解し、よく検討する必要があります。



都会とは言っても飲食店が多い地域では、車の利用者が極端に少ない場合がありますので、駐車場経営には注意が必要です。


タクシーが集まっている繁華街などは特にお酒を飲む店が多く、飲酒検問が厳しくなった最近では、自分の車でやって来て駐車場を利用するという人は激減していると思われるからです。



時々見かけるのは、土地の半分を月極、残り半分を時間貸しにしている駐車場経営もあって、普段はあまり人が集まらないけど、月の1.2度定期的にフリマやイベントが開催される地域などに多いです。



都会では、月極料金は田舎よりぐんと高く設定されていますから、あまり時間貸しに向いていない地域の場合は、安めの月極料金で契約者を増やした方が良いです。


 
 
 
 
 

駐車場経営

月極駐車場経営について

田舎での駐車場経営は、殆どが月極駐車場になり、月極料金も安くなってしまいますが、近所の人と契約を交わすので、そう大きなトラブルが無いのも特徴です。



駐車場経営する際に、月極方式で運営していくと契約や解約などをメインに行って行く事になり、契約者を集める為の募集も必要になって来ます。


簡単なものでは、月極駐車場である事や電話番号を記した看板を設置し、「空きあります」と人からはっきりと認知出来るようにしておくだけでも、需要があれば電話がかかって来ます。



駐車料金の滞納があった場合には督促をする必要があるので、人と人との事だけに話の持って行き方などに気を遣う事もあります。


無断駐車の取り締まりにも対応して行く事になります。


世の中がいい人ばかりだと秩序は何もしなくても保たれるのですが、督促しても電話にも出ない人、柔らかい言い方だと何ヶ月も賃料を支払わない等、困った事が起きる事もあります。


月極駐車場の注意点としては・・・
車庫証明の為だけに借りる人も存在する為、契約期間を設定し、保証料は必ず1ヶ月分、あるいは2ヵ月分に設定しておくと更に安心です。


契約書には、解約時の約束事は必ず明記しておき、内容もきちんと説明する事が大切です。


一般的には、1ヵ月前に解約を申し出て貰う事や、急に解約する時には、1ヵ月分の賃料を支払って貰う事などです。


まあ、この辺のところは賃貸契約の常識ですが、日割りにオマケしてあげる事も別にかまいません。


借りている人の名札を分かりやすく設置する事で、停め間違いを防ぐ事も出来ますし、無断駐車もしにくくなり、経営者の配慮も伝わると思います。



これらを含む手間を全て、不動産会社や、委託出来る会社に任せる事も出来ますので、貸し状況を見て、委託料を払うか検討すると良いでしょう。


トラブルを未然に防ぐ・・・

これが月極駐車場経営のポイントです。


 
 
 
 
 

駐車場経営

駐車場経営するには

駐車場経営で開業するのに特に必要な資格はありません。


しかし、法律の知識と税に関する知識が多少あると何かと便利だと思います。



土地は立派な資産ですが、何年も手付かずで更地のままだと、固定資産税を払うだけになってしまいます。


資産は運用してこその資産で、駐車場経営をして少しでも収入を得た方が、良いと思います。


確かに初期費用、維持費はかかりますが、駐車場経営なら転用する際のコストも少なく出来ますし、そのまま子の代、孫の代まで残す事も出来ます。


自分で管理する事も、清掃や契約更新なども健康でさえあれば何歳になっても出来るので、高齢化社会の現代では老後にハリを与えてくれる仕事とも言えます。



ただ、駐車場経営は需要があるかどうかが、かなり重要です。


初期投資も少ないですから、立地条件さえ整えば、駐車場経営は安定したビジネスになります。


設備にあまりお金をかけずに始める事が出来る立地なら尚良いのですが、舗装をする事でお客さんが安心して借りられる、また雨水でドロドロになった土地の管理をしなくて良いなど、先を考え、市場に合わせて考える必要があります。


貸す場合には料金トラブルが後々起こらないようにする為に、ある程度人柄や、企業の質を見極めるという事も大切です。


あらかじめ、トラブルが起こった時の対処法なども考えておきましょう。


次に土地によって月極が良いのか、Timesなどの業者に運営を委託して時間貸しにする方が良いのかの見極め方について考えて見ます。


 
 
 
 
 


駐車場経営

駐車場経営で小資本土地を有効に活用する

親から相続した土地があるのだけど、更地のままで全く活用出来ていない、いわゆる遊休土地のまま放置している…

所有している土地が未利用なので収益をあげたい…


収益を得たいけどアパートやマンション経営は難しいし、初期費用も膨大にかかるので、駐車場経営なんかは手軽に出来るのでは…

等と考えている方もおられると思います。


費用や経営方法からしても、駐車場経営は比較的簡単に始められる事から人気が出ているのです。


しかし、駐車違反の取締りが強化されて以来、駐車場経営は魅力あるビジネスの一つになってきてはいます。

しあkし、その土地が駐車場経営に向いているのか、需要と供給はどうなのか・・・など、経営したい土地がある地域の駐車状況をよく知らなければなりません。


また、個人的に初期費用を殆どかけずに、月極駐車場にするのか、あるいは運営を委託出来る会社に任せて時間貸しにするのか…

駐車場経営には様々なスタイルがありますから、地域に合ったスタイルを選ぶ必要があります。


今回は、駐車場経営をするために知っておくべき事、例えばリスクやトラブル、必要経費、固定資産税など税金について、また駐車場経営が節税対策になるのか等を、ご紹介していきたいと思います。


 
 
 
 
 

プライバシーポリシー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。